淡路島南パーキングエリア上り|59種類のメニューに、展望台から鳴門海峡が見れる

淡路島南パーキングエリア上りアイキャッチ

淡路島から大阪に帰る途中にある、淡路島南パーキングエリア上り。

サービスエリアではありませんが、淡路島グルメを楽しめるフードコートやお土産コーナーがあるので、帰りにちょっと立ち寄るのにピッタリ。

リニューアルされて間もないので、とてもきれいですよ。

この記事では、淡路島南パーキングエリア上りのグルメや施設内の設備について紹介します。

淡路島南パーキングエリア上りのアクセス、営業時間

淡路島南パーキングエリア上り

住所神戸淡路鳴門自動車道
淡路島南パーキングエリア上り
電話番号0799-38-4121
インフォメーション09:00~17:00
フードコート、売店08:00~21:00(土日祝~22:00)
各テラス2~4階08:00~20:30
ガソリンスタンドなし

スポンサーリンク




淡路島南パーキングエリア上りに行ってみた

淡路島南パーキングエリア上り外観淡路島に遊びに行った帰り、淡路島南パーキングエリア上りに行きました。

全体的な写真は撮れませんでしたが、淡路島南パーキングエリア上りは船舶の形をしています。

淡路島南パーキングエリア見た目は船をモチーフ出典:JBハイウェイサービス株式会社

さっそく中に入って夜ご飯~

グルメメニューは59種類と思っていたより多い

淡路島南パーキングエリア上りグルメメニュー正直パーキングエリアなのであまり期待していませんでしたが、メニューは59種類もあります。

グルメメニュー
  • うどん8種類 400~670円※大盛り+150円
  • そば6種類 490~670円 ※大盛り+150円
  • ラーメン5種類 750~980円
  • カレー9種類 510~1280円
  • 定食13種類 780~2500円
  • 丼4種類 400~1880円
  • ご飯 160円
  • スナック、惣菜11種類 140~650円
  • モーニング2種類 610~650円

淡路島南パーキングエリア上りグルメ淡路島牛乳ラーメン淡路島グルメのメニューもあります。

  • 淡路玉葱ラーメン 780円
  • 淡路島牛乳ラーメン 980円
  • 丸ごと玉ねぎと季節の野菜カレー 850円
  • 淡路牛ローストビーフカレー 1280円
  • 淡路牛焼肉定食 2500円
  • 淡路牛ローストビーフ丼 1880円
  • 淡路産しらす丼 980円
おこめ
おこめ
牛乳ラーメンが気になる。。

スポンサーリンク




子連れに嬉しい子供いす、食器がある

淡路島南パーキングエリア上り子供用食器子供用のお椀など食器があります。

淡路島南パーキングエリア上りフードコートフードコートの風景

右端に子供いすも写っていますね。

淡路島南パーキングエリア上りグルメ唐揚げ定食鶏のから揚げ定食、美味しかったです。

おこめ
おこめ
牛乳ラーメンが気になりつつ食べなかったので、今度食べようかな。

きれいなベビールーム(授乳室、おむつ替えスペース)

淡路島南パーキングエリア上り授乳室(ベビールーム)きれいなベビールームもあります。

インフォメーションでベビーカーの貸し出しも。

お土産コーナーはそこまで広くないけど十分

淡路島南パーキングエリア上りお土産お土産コーナーはそこまで広くありませんが、人気のお土産は一通りありそう。

淡路玉ねぎスープはしっかりと玉ねぎの味がしながらも飲みやすく、美味しいですよ。

ちょっとしたお土産にピッタリです。

>>>淡路島のお土産ランキングを見る

\淡路島のお土産・グルメが買える/

展望台から大鳴門橋、鳴門海峡が見れる

淡路島南パーキングエリア上りの2階~4階にはテラスがあります。

展望台から大鳴門橋、鳴門海峡が見れますよ。

暗くて写真は撮れませんでしたが、空いている時間は8:00~20:30まで。

淡路島南パーキングエリア上りのここがおすすめ

淡路島南パーキングエリア上りのおすすめポイントをおさらいしましょう。

  1. 子供用いすや食器、ベビールームがある
  2. 淡路島グルメが楽しめる
  3. 展望台から大鳴門橋、鳴門海峡が見れる
スポンサーリンク

まとめ:淡路島からの帰りに淡路島南パーキングエリア上りへ

淡路島南パーキングエリア上りのグルメや施設内の設備について紹介しました。

フードコートのメニューは59種類もあって意外と多い。

子供用いすや食器、ベビールームがあるのも嬉しいですね。

お土産も購入できるので、淡路島から帰る途中で寄るのにピッタリです!

 

\淡路島のお土産・グルメが買える/

ABOUT ME
おこめ
おこめ
「あそびめも」管理人のおこめと申します。大阪在住アラサー主婦、夫と子供2人の4人家族。「あそびめも」では、大阪を中心とする遊び場や食べ物×おでかけ×自宅での遊びについて書いています。