【エンジョイエコカード】大阪メトロ乗り放題!買い方・利用範囲をわかりやすく路線図付きで

エンジョイエコカードアイキャッチ

大阪市営地下鉄(メトロ)が発行している1日乗車券エンジョイエコカード。

エンジョイエコカードはあまり知られていませんが、

  1. 大阪市内の地下鉄・ニュートラム・バスが1日乗り放題!
  2. 特定の観光スポットへの入場が割引!
  3. 平日800円、土日祝600円、小児300円と安い!

と、大阪で公共交通機関を使っておでかけするならとてもお得なカードです。

そんなお得なエンジョイエコカードの買い方や割引対象施設、利用範囲を路線図付きでわかりやすく紹介します。

おこめ
おこめ
エンジョイエコカードは、大阪に住んでいる私もよく使うよ!
\ お得な割引クーポンが見つかる /

エンジョイエコカードとは

エンジョイエコカードエンジョイエコカードとは、

  1. 大阪市営地下鉄(大阪メトロ)・ニュートラム・大阪シティバス(ユニバ、IKEA行きを除く)が乗り放題
  2. 大阪市内約30ヵ所の観光施設が割引になる、1日乗車券

の特典付きでお得なカードです。

改札に通すまでは有効期限もないので、事前に購入しておくことも可能。

値段も普通の切符と変わらないぐらい安い。

エンジョイエコカード
大人平日800円 土日祝600円
子供300円

おこめ
おこめ
大人は土日祝が安い!
子供はいつでも300円!

スポンサーリンク




エンジョイエコカードの利用範囲を路線図付きでわかりやすく

上記マップの赤い丸で囲って
薄くなっている部分が対象外の路線!
エンジョイエコカードの範囲

【上記マップ内】
・御堂筋線(江坂〜なかもず)
・谷町線(大日〜八尾)
・四つ橋線(西梅田〜住之江公園)
・中央線(コスモスクエア〜長田)
・千日前線(野田阪神〜南巽)
・堺筋線(天神橋筋六丁目〜天下茶屋)
・長堀鶴見緑地線(大正〜門真南)
・今里筋線(井高野〜今里)
・南港ポートタウン線ニュートラム
(コスモスクエア〜住之江公園)

【上記マップ以外】
・大阪シティバス全線

・御堂筋線→江坂から先の北大阪急行の路線(緑地公園・桃山台・千里中央)
・中央線→長田から先の生駒・学研奈良登美ヶ丘方面の路線
・堺筋線→天神橋筋六丁目から先の阪急京都線・千里線の路線
・大阪モノレール

こちらから先は私鉄で別料金が発生してしまうので、行き先と降車駅を確認して乗り間違えないように注意しましょう。

※JRも利用できません。

大阪シティバスは路線がたくさんあって画像を貼っても見えにくいので、公式サイトから利用範囲を確認しましょう。
>>>大阪シティバス路線図

>>>大阪シティバス時刻表

※ユニバーサル・スタジオ・ジャパン行き、IKEA行きはエンジョイエコカード対象外です。

スポンサーリンク




購入場所は大阪市営地下鉄の券売機や大阪シティバスの車内など

エンジョイエコカードの購入場所は、

  1. 大阪市営地下鉄の駅長室、券売機(切符売り場)
  2. 大阪シティバスの車内、営業所
  3. 大阪市営交通の案内センターや定期券販売所
  4. 一部の駅構内のローソン

機械ではなく有人の場所で購入すると、イラスト入りのデザインカードを購入することができますよ。

大阪市営地下鉄(大阪メトロ)の券売機での買い方

大阪市営地下鉄(大阪メトロ)の券売機での買い方を写真付きで解説します。

エンジョイエコカード買い方
  1. トップ画面の「カードを買う」
  2. 平日の場合は左、土日祝の場合は右を選ぶ
  3. 値段と必要な枚数を選んでお金を入れる

大阪市営地下鉄券売機のトップ画面大阪市営地下鉄券売機のトップ画面の「カードを買う」

大阪市営地下鉄券売機のエンジョイエコカード平日・土日祝平日の場合は左、土日祝の場合は右を選ぶ

大阪市営地下鉄券売機の人数、値段値段と必要な枚数を選んでお金を入れる

これで人数分のエンジョイエコカードを購入することが出来ます。

スポンサーリンク




大阪シティバスでの買い方

大阪シティバスでのエンジョイエコカードの買い方は、バスの運転手さんに「エンジョイエコカードを購入したい」と伝えるだけ。

ただし数に限りがあるので、売り切れの場合もあります。

私も売り切れで購入できない時もありましたが、その場合バス車内ではお金を払わず、地下鉄に乗る時にエンジョイエコカードを購入するように言われました。

スポンサーリンク




割引対象施設は約30種類!エンジョイエコカードを提示してお得に

エンジョイエコカードの割引対象施設と割引内容をまとめたものが以下の表です。

割引の対象施設割引の内容
大阪城天守閣大人600→540円
梅田スカイビル
空中庭園展望台
一般料金1割引
通天閣大人700→600円
天王寺動物園大人500→350円
大阪くらしの今昔館大人600→500円
大学・高校生300→200円
天保山大観覧車800円→700円
総本山四天王寺《中心伽藍》
大人300→200円
高校・大学生200→100円
《本坊庭園》
大人300→200円
小・中・高・大学生200→100円
《宝物館》
大人500→200円
高校・大学生300→100円
キッズプラザ大阪大人1400→1260円
小人800→720円
幼児500→450円
大阪市立科学博物館大人400→320円
大学・高校生300→240円
スパワールド《通常期間》
大人(12歳以上)200円引き
小人(12歳未満)100円引き
アクアライナー(大阪水上バス)大人1700→1530円
こども850→770円
※通常料金
大阪市立長居植物園
大阪市立自然史博物館
《両方共通券》
大人300→270円
高校・大学生200→180円
《植物園のみ》
200→180円
咲くやこの花館大人500→450円
大阪歴史博物館大人600→540円
高校・大学生400→360円
大阪港帆船型観光船サンタマリア(大阪水上バス)大人1600→1000円
こども(小学生)800→500円
大阪市立東洋陶磁美術館団体割引料金
大阪府咲州庁舎展望台大人(高校生以上)700→600円
中小人400→350円
キャプテンライン《往復》
大人(中学生以上)1300→1170円
小人(小学生)700→630円
幼児(4歳以上)500→450円
《片道》
大人(中学生以上)700→630円
小人(小学生)400→360円
幼児(4歳上)300→270円
国立国際美術館団体絵割引料金
大阪城西の丸庭園200→140円
大阪企業家ミュージアム大人300→200円
上方浮世絵館大人500→450円
小中学生300→250円
大阪市立美術館大人300→150円
高校・大学生200→100円
国立文楽劇場※公演により異なる
大阪ダックライナー(水陸両用バス)大人200円引き
小学生以下100円引き
幼児(2歳以下)割引対象外
湯木美術館大人700→600円
大丸ミュージアム(梅田)割引展覧会開催時100円引き
天満天神繁昌亭当日(一般)3000→2500円

※2019年8月1日現在の情報

エンジョイエコカード、ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の利用料金

ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の利用料金は土日祝か平日か気になりますよね。

こちら「【エンジョイエコカード】ゴールデンウィーク・お盆・年末年始の料金・時刻表」に随時追記しているので、確認して下さい。

スポンサーリンク

まとめ:大阪のお出かけは、エンジョイエコカードで

エンジョイエコカードの買い方や割引対象施設、利用範囲を路線図付きでわかりやすく紹介しました。

大人600円(土日祝)でも高い!と感じるかもしれませんが、往復の値段を調べると意外とエンジョイエコカードの方が安くなったりします。

1度購入するとその日は切符を購入しなくてよいので、何度も切符を購入しなければならない手間も省けますよ。

おこめ
おこめ
エンジョイエコカードを使ってお得に大阪のお出かけを楽しもう♪

エンジョイエコカードも紹介しているこちら「大阪の旅行・観光・おでかけを格安で!おすすめしたい制度まとめ」もどうぞ。

ABOUT ME
おこめ
おこめ
「あそびめも」管理人のおこめと申します。大阪在住アラサー主婦、夫と子供2人の4人家族。「あそびめも」では、大阪を中心とする遊び場や食べ物×おでかけ×自宅での遊びについて書いています。