【口コミ】大江戸温泉物語 箕面観光ホテル|ディナーバイキングで大満足!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングアイキャッチ

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルといえば、バイキングが美味しくて有名ですよね。

私はおこめという名前の通り食べることが大好きなので「バイキングを目的に来た」といっても過言ではありません。

今回で2回目の大江戸温泉物語 箕面観光ホテル宿泊でしたが、ここのバイキングはやはり最高!

そんな大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングの様子を、写真たくさんで紹介します。

 

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング料金・時間・予約

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングの時間は宿泊・日帰りともに、

  1. 17時~17時30分スタート(90分制)
  2. 19時~19時30分スタート(90分制)

の2パターン。

混雑を避けたい方は、まだ空いている17時~17時30分スタート(90分制)にしましょう。

料金は、税込み3218円~4298円。
※繁盛期はもう少し高い場合もあり。

料金は高く感じるかもしれませんが、バイキング料理140種類+ソフトドリンク飲み放題+宿泊表にある特定日のみアルコール飲み放題も付いているので、実際に行ってみて相応の値段だと思いました。

公式サイトから料金確認・予約も出来るので、予約していきましょう。

>>>大江戸温泉物語 箕面観光ホテル バイキング予約

 

おこめ
おこめ
もちろん宿泊はバイキング料金込み。
クーポンも利用してお得に行こう!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルの宿泊は、クーポンが利用できます。
利用条件・提示条件がその時によって違うので、それぞれのサイトで確認しましょう。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング「ブルエ」

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング「ブルエ」に実際に行ってきました。
大江戸温泉物語箕面観光ホテルのバイキング入り口この写真はディナー後に撮ったものですが、実際には17時ディナー開始ちょうどに行ったら20組ぐらい並んでいました。

入るのも割とスムーズで、席も料理に近い。

ただ「これで混雑していない方なの?」というぐらい、料理を取りに行くと皆さん並んでいました。

おこめ
おこめ
19時からだともっと混雑しているそうなので、17時にしていて良かった。

 

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのお刺身お刺身と甘えび

種類は少ないけど、ぜひ食べて欲しい美味しさ。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルバイキングお寿司お寿司はアナゴ・えび・イカ・サーモン

イカは歯ごたえがありつつも噛み切れる柔らかさで美味しかった。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのサラダカリフォルニア・フレンチの松浦仁志シェフ

サラダの種類も豊富で新鮮。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのカルフォルニア・フレンチラタトゥイユのサラダ仕立て等、カラフルでおしゃれな料理がたくさん

この写真は暗くなってしまったけど、写真映えする料理が並んでいます。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングのぶりしゃぶ・クエ鍋総料理長 西中雅人シェフの和食

今回は期間限定で、クエ鍋・ブリしゃぶでした。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのローストビーフ高階孝晴シェフの「ローストビーフ」

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルバイキングサーロインステーキサーロインステーキは、おろしポン酢のステーキソースと甘辛ソースが選べます。

どっちも美味しいけど、おろしポン酢のステーキソースが好みでした。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルバイキングローストビーフとサーロインステーキ

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルの麻婆豆腐陳建一シェフの「麻婆豆腐丼」

辛いのが苦手で食べれませんでしたが、美味しそう。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキング和食和食も小鉢だったので、数種類食べることができました。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングお好み焼き大阪らしくお好み焼きも。

実はあまり期待せずに食べましたが、美味しくて2回おかわりしました(笑)

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングのバウムクーヘンバウムクーヘンも出来立て。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングプレートの
おこめ
おこめ
140種類もあるから写真は撮りきれなかったけど、天ぷらなどもあったよ!
気付いたら美味しいしか言ってない…(笑)

ディナーバイキングのデザートは、ハーゲンダッツにケーキ!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルディナーバイキングのデザートは、ケーキや果物、アイスクリームだけでなく、ハーゲンダッツも食べ放題。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングのハーゲンダッツハーゲンダッツの種類は、バニラ・グリーンティー・キャラメル

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのデザートのケーキケーキ、ゼリー、くずきり

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのデザート水ようかん、プリン、ムース

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルの果物・大福マンゴー・りんご・グレープフルーツ・大福・杏仁豆腐・みつ豆

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのケーキ1口サイズなので、たくさんの種類を食べることができます。

おこめ
おこめ
ドリンクコーナーにソフトクリームの機械もあったよ!

 

ディナーバイキングの飲み放題は、黒ビール・チューハイも!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルディナーバイキングの飲み放題メニューは、宿泊表にある特定日のみアルコールも飲み放題。

アルコール以外は、いつでも飲み放題です。

しかもその種類の多さに「本当に飲み放題でいいの?」と思えるぐらい。

 

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング飲み放題、スーパードライ・黒ビールスーパードライ・黒ビール

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング飲み放題、チューハイ・焼酎チューハイ、カクテル、ウイスキー、焼酎、日本酒

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング飲み放題のソフトドリンクソフトドリンクもオレンジジュース・炭酸・アイスティー

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング飲み放題お茶・冷水お茶はほうじ茶・煎茶で麦茶はありませんが、お水はあります。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキング飲み放題ホットメニューコーヒー・カフェラテ・ココア・抹茶ミルク・イチゴオーレなど

おこめ
おこめ
「本当に飲み放題でいいの?(2回目)」というラインナップ!

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングは、子連れでも楽しめる

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングは、子連れでも楽しめる要素がたくさんあります。

子供椅子(ベルト付き、なし)・ハイローチェアー・食器

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキング会場には、普通の子供椅子だけでなくハイローチェアーもあるので、首すわり前の子供でも安心。

 

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキング会場の子供椅子子供椅子もベルト付き・ベルトなし、希望を聞いてもらうことができました。

食器は、プレート・スプーン・フォーク・コップ・紙エプロン・ストローがあります。

おこめ
おこめ
これだけあれば、子供用に何も持っていかなくてもよさそう。

 

6ヵ月~12ヵ月の離乳食の種類

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングは、月齢に合わせた離乳食も数種類あります。

大江戸温泉物語箕面観光ホテルバイキング離乳食
5ヵ月から

  • にんじんとかぼちゃのおかゆ
  • コーンがゆ

7ヵ月から

  • ささみと野菜のリゾット
  • 白身魚と野菜の雑炊
  • 鶏ときのこの雑炊

9ヵ月から

  • まぐろと大根のわかめごはん
  • まろやかチキンライス
  • 鮭のポテトクリーム煮
  • とり五目ごはん
  • かれいとひじきの煮物
  • かぼちゃとツナのグラタン

12ヵ月から

  • おやこどん
  • チキントマトシチュー
  • 鮭のクリームシチュー
  • 野菜のミネストローネ風
  • 牛肉のすき焼き風うどん
  • 牛そぼろ野菜あんかけ
大江戸温泉物語箕面観光ホテルバイキング離乳食
おこめ
おこめ
種類がたくさんあるから、月齢にあったものを選べるね!

 

スポンサーリンク

まとめ:大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのディナーバイキングは行くべき!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルのバイキングの様子を、写真たくさんで紹介しましたがいかがでしたか?

食べ放題の種類も多くて、離乳食・子供椅子があるから子供連れでも楽しめます。

これだけの種類が揃っているバイキングなので、お値段が少し高めなのも納得。

ぜひ大江戸温泉物語 箕面観光ホテルに宿泊して、ディナーバイキングも楽しみましょう。

 

>>>じゃらん 大江戸温泉物語 箕面観光ホテル

 

>>>【口コミ】大江戸温泉物語 箕面観光ホテルは、大阪の人も宿泊する程良い!

大江戸温泉物語 箕面観光ホテルの宿泊アイキャッチ
【口コミ】大江戸温泉物語 箕面観光ホテルは、大阪の人も宿泊する程良い!大江戸温泉物語 箕面観光ホテルに宿泊している人の中で、意外と大阪在住の方が多いのはご存知でしょうか? そんな私おこめも大阪在住の1...

「あそびめも」トップへ

ABOUT ME
おこめ
おこめ
「あそびめも」管理人のおこめと申します。大阪在住アラサー主婦、夫と子供2人の4人家族。「あそびめも」では、大阪を中心とする遊び場や食べ物×おでかけ×自宅での遊びについて書いています。