和歌山県

アドベンチャーワールドの赤ちゃん、子連れで知っておきたいこと。ベビーカーは必須

アドベンチャーワールド赤ちゃん・子供アイキャッチ

アドベンチャーワールドは、日本で数少ないパンダに会える動物園のひとつ。

子供のころからアドベンチャーワールドが好きで「自分の子供も連れて行きたい」と思い行ってきました。

授乳室やおむつ替えスペース、ベビーカーは必要?など赤ちゃん・子連れで行く方の参考になればと思います(^^)

動物との距離が近くて、0歳の赤ちゃんでも小学生ぐらいの子供でも楽しめますよ!

おこめ
おこめ
この記事では、アドベンチャーワールドに赤ちゃん・子連れで行くときに知っておきたいことを紹介します。

アドベンチャーワールドは赤ちゃん・子連れに優しい

アドベンチャーワールド外観アドベンチャーワールドは、赤ちゃん・子連れにピッタリな施設。

レンタルベビーカーや授乳室などはもちろん、動物との距離が近くて何歳の子供でも楽しめます。

おこめ
おこめ
今回の和歌山は、次男の初旅行!

レンタルベビーカーの貸し出し

アドベンチャーワールドのレンタルベビーカーアドベンチャーワールドはとにかく広い。

赤ちゃんじゃなく、普段歩いている3歳ぐらいの子供でもベビーカー必須です。

ベビーカーの貸し出し場所は入り口を入ってすぐ右手のインフォメーション、レンタルカウンター。

普通のベビーカーだけじゃなく、パンダや動物のベビーカーもあるのですぐわかります。

ベビーカーの貸出料金
ベビーカー900円+保証金500円
動物ベビーカー1200円+保証金500円

どちらもレンタルベビーカー返却時に保証金は返ってきます。

 

特にパンダなど動物のベビーカーは人気で早い時間に貸し出しがなくなってしまうので、借りたい場合は早めに。

でも座面は硬くて動かすとガタガタなるし、動かす大人も重たくて大変そうでした。

おこめ
おこめ
子供は嬉しそうだったけどね!

 

アドベンチャーワールド雨の日のレンタルベビーカー普通のベビーカーは、雨の日にはレインカバーも。

あとイルカショーやケニア号などは入り口前にベビーカーを置かないといけないので、必要であれば抱っこ紐もあると便利です。

迷子ワッペンが可愛い

アドベンチャーワールドの迷子ワッペンインフォメーション、レンタルカウンターでは、ベビーカーの貸し出し以外にもアニマルワッペン(迷子札)が用意されています。

服に貼ってもはがすときに跡が残らない素材。

名前などを書いた後に動物の顔のシールを貼るので、プライバシーも問題ありません。

おこめ
おこめ
好きな動物のシールを選べて子供も大喜び♪

インフォメーション以外でも、インフォメーション、サポートセンター、ベビーケアルームにありますよ。

授乳室・おむつ替えスペース

アドベンチャーワールドの授乳室、おむつ替えスペース赤ちゃん・子連れなら気になる、授乳室とおむつ替えスペース。

アドベンチャーワールド内には4ヵ所あります。

授乳室・おむつ替え
  • センタードーム1Fエスカレーター横
  • センタードーム2Fスマイルキッチン内
  • エントランスドーム
  • ビッグオーシャン1F

ベビーケアルームには、おむつ自動販売機と湯沸かし器もあります。

オムツ交換台は、どの女子トイレにもあったので「替える場所がない!」と探すこともありませんでした。

おこめ
おこめ
ただ、キレイかと言われれば場所によっては古さが気になりました。
アドベンチャーワールド自体が新しい施設じゃないからね。

女子トイレに男の子用のトイレがあったのも嬉しかったです。

ランチは子供椅子あり

アドベンチャーワールドのランチアドベンチャーワールド内には、ランチできるお店が数種類あります。

店内で座って食べるお店だと、どこでも子供椅子が用意されています。

子連れには嬉しいですね!

ただ、お昼時などはとても混雑します。

もちろん子供椅子も人気なので空いていないことも…。

ランチは早めの時間など時間をずらして食べるのがおすすめです。

 

アドベンチャーワールドのランチできるエンジョイドームにはキッズスペースセンタードーム内のフードコートのような場所には、小さいキッズルームもあるよ。

アドベンチャーワールドのパン他にもテイクアウトできるパン屋さんやポップコーン、肉まんなどもあります。

おこめ
おこめ
パンはたくさん種類があってどれも可愛い♪

コインロッカーは3ヵ所

アドベンチャーワールドのコインロッカー車で行く方が多いと思うので使わないかもしれませんが

「暑くなってきたから上着を預けたい」
「お昼ご飯の後に子供の食事セットを預けたい」

時などにあると便利なコインロッカーは3ヵ所あります。

コインロッカー
  • エントランスドーム
  • エンジョイドーム1F
  • 出口バスターミナル

大きさも選べるし、たくさんあるから使えない心配もいりません。

スポンサーリンク




アドベンチャーワールドの気候と服装(2月、8月)

アドベンチャーワールドのパンダアドベンチャーワールドには、赤ちゃん・子連れで2月と8月に行きました。

子供の年齢は1歳3ヶ月~3歳8ヵ月。

おこめ
おこめ
ちょうど夏と冬!

2月、しかも雨の日

アドベンチャーワールドの観覧車2月上旬の寒い日、しかも大雨の日に行きました。

寒いし雨だからアドベンチャーワールドは混雑とは無縁。

土日でしたがどこもすいていて、のんびりと見て回ることができました。

雨自体は「アドベンチャーワールドは雨の日でも楽しめる!持ち物と対策まとめ」でも書いた通り、ほぼ問題なく楽しめます。

 

寒さに関しては、もちろん寒いです(笑)

アドベンチャーワールドの半分以上は屋外なので仕方ないですね。

特に人気のイルカショーも、外で20分ぐらい座りっぱなしなので防寒対策が必要。

アドベンチャーワールドは広くて子供は基本ベビーカーなので、厚手の上着とニット帽にひざ掛けをしていました。

寒そうにしていたらカイロも出そうかなと思っていましたが、大丈夫そうでした。

8月

8月の暑い日にもアドベンチャーワールドに行きました。

子供の服装は、半袖、七分丈のズボン、帽子、クールタオル。

クールタオルはこんな感じの水で濡らして首にかけるもの。

屋外は日陰になる場所がなくて本当に暑いです。

屋内は冷房がついているので、屋外と屋内の動物を交互に見つつ、水分補給をこまめにとっていました。

自動販売機もあちこちにあるので便利でしたよ。

先ほど書いた通り授乳室も4ヵ所にあるので安心です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

まとめ

アドベンチャーワールドに赤ちゃん・子連れで行くときに知っておきたいことを紹介しました。

アドベンチャーワールドはベビーカーの貸し出しや授乳室など、赤ちゃん・子連れに優しい施設。

動物との距離も近くて、0歳の赤ちゃんでも小学生ぐらいの子供でも楽しめます。

おこめ
おこめ
家族旅行にアドベンチャーワールドを選んで大満足でした♪
ABOUT ME
おこめ
おこめ
「あそびめも」管理人のおこめと申します。大阪在住アラサー主婦、夫と子供2人の4人家族。「あそびめも」では、大阪を中心とする遊び場や食べ物×おでかけ×自宅での遊びについて書いています。