大阪おでかけ

【あそびばす】子供と初めての雪遊びバスツアーに参加した口コミ

あそびばすの雪遊びツアーに参加した感想アイキャッチ

少し前から雑誌で見て気になっていた、ファミリー専用バスツアー「あそびばす

今回声をかけて頂き、初めての楽々ゆきあそびin兵庫六甲のツアーに参加してきました。

正直
「料金が高い」
「本当に子連れでゆっくり楽しめるの?」
「お昼寝時間が取れるかな」

と参加するまでは不安でしたが、至れり尽くせりで家族全員が大満足のバスツアーでした。

おこめ
おこめ
この記事では、ファミリー専用バスツアーあそびばすに参加した口コミを紹介します。

あそびばすとは?公式サイトを見る

あそびばすの雪遊びバスツアーに参加した口コミ

あそびばす雪遊びツアーのバスファミリー専用バスツアーあそびばすの「初めての楽々ゆきあそびin兵庫六甲のツアー」に参加してきました。

08:50 出発地点でバスツアー開始

今回出発地点まで電車で移動してバスツアー開始。

どのバスかわかるかなと思っていましたが、添乗員さんがあそびばすのロゴ入り蛍光オレンジ色の服を着ていたのですぐにわかりました。

予約時に伝えていた通りベビーカーを預かってもらいます。

あそびばす雪遊びツアー座席スペースが広いまず驚いたのが座席の足元スペースが広い。

横にはならないけど、子供2人横になれるぐらいの広さ。

雪遊びで荷物多めだったので助かります。

あそびばす雪遊びツアーペットボトル専用ストローがもらえた現地が寒いからとカイロ、1人1本麦茶をもらえます。

子供にはペットボトル専用ストローもあって飲みやすい!

こういう細かい心遣い嬉しいですね。

ただ家族4人で500ml×4本で2リットル、冬場はそこまで飲まないから250mlとか選べると良さそう。

あそびばす雪遊びツアーパンフレットやお菓子そのあとには今回のバスツアーのしおりや行き先のパンフレット。

子供にはお菓子もあって大喜び!すぐに「これ食べるー!」と。

おこめ
おこめ
しおりにお菓子、遠足って感じで親も楽しい!

お菓子はバス内の時間つぶしにもなるし。

しかも丸い小さいのがチョコで1歳にはちょっと…と思いきやラムネで、これも嬉しかったです。

バス車内では子供向けの音楽は流れていましたが、3歳ぐらいまでの子だと背が低くて外の景色が見えません。

少し退屈すると思うので、シールなどのちょっとしたおもちゃを持っていくと良さそう。

ファミリー専用バスツアー遊びバスで事前に準備している物ファミリー専用バスツアー遊びバスで事前に準備している物あ、事前にお茶やお菓子などもらえるもの、ウエットティッシュなどバス車内にあるものは教えてもらえるので「知ってたら荷物減らせたのに…」なんてこともなかったです。

09:40 西宮名塩SAで休憩

あそびばす雪遊びツアー西宮名塩SAで休憩最初のリフレッシュ休憩で西宮名塩SAに到着。

最初の出発地点から乗っている人でも1時間ぐらいかな。

15分あったのでお手洗いに行ったり軽食を見たり。

バスを降りる前にお手洗いの位置を教えてもらえたので探す手間が省けました。

 

あそびばす雪遊びツアーバス内で〇✖クイズバス内では今回の行き先、六甲にまつわる〇✖クイズ。

正解者1名には六甲のお菓子がもらえます。

〇✖で手をあげるだけなので、小さい子供でも参加できました。

10:30 六甲山スノーパーク到着

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパーク入口あっという間に六甲山スノーパークに到着。

バス内が暖かかったからやっぱり寒い。

雪が見えて子供たちテンション上がり、入園手続きしてもらっている間ウロウロしてました。

ここから約3時間30分自由行動です。

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパークのレンタルウェア六甲山スノーパークのレンタルウェアは種類が豊富。

あそびばす雪遊びツアーレンタルウェア試着不可で「調節紐あるし、普段のサイズで大丈夫でしょ」と思っていたらズボンがだいぶ長かったです。

2回ぐらい折ったから、ワンサイズ下でも充分でした。

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパークで雪遊び開始雪を見て走り出す(笑)

長男は当日まで何度も「雪だるま作りたい」って言ってたし、大阪では雪遊びできる場所がないもんね。

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパークで雪遊び雪だるまを作れる機械があってひたすら雪を入れる。

人工雪だからかき氷みたいに硬くて大変。

あそびばす雪遊びツアーで雪だるま作り何とか雪だるま完成!

雪が硬すぎて目など付かず(笑)

そのあとも雪を丸めてみたり寝転んでみたり楽しみました。

 

あそびばす雪遊びツアーのお昼ご飯は雪だるまカレーお昼ご飯は六甲山スノーパーク内で各自。

雪だるま食堂で雪だるまカレーを食べました。

 

お昼からはまた雪だるまを作ったり、かまくらを作ったり。

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパークでソリ子供たちがしたいと言わなかったからしなかったけどソリ滑り。

あそびばす雪遊びツアー六甲山スノーパークのスキー教室大きい子供だとスキー教室も。

ちょうど滞在時間に体験できるよう合わせられていました。

あそびばす雪遊びツアーで雪だるま作り出来る限りおむつ替え、授乳室がある目的地を選んでいるらしく、六甲山スノーパークにもありました。

おこめ
おこめ
雪遊びって普段できないし、楽しかったみたい!
3時間30分あったから思っていたよりゆっくりできた。

14:10 六甲山スノーパーク出発

時間になってバスで六甲山スノーパークを出発。

次の目的地、六甲ガーデンテラスに向かいます。

14:15 六甲ガーデンテラス到着

あそびばす雪遊びツアー六甲ガーデンテラス入口5分ほどで六甲ガーデンテラスに到着。

ちょうどお昼寝時間だし、ここの移動時間が長いと子供たち寝てしまってたかも。

近い場所に設定されていたので良かった。

あそびばす雪遊びツアー六甲ガーデンテラスからの景色六甲ガーデンテラスは子供には少し退屈かなと思っていたけど、大阪湾の景色をみて「こっちが家」「天王寺動物園はこっち」など意外と楽しめる。

あそびばす雪遊びツアー六甲ガーデンテラスで軽食軽食を食べたり、お土産を見たりできた30分でした。

14:45 六甲ガーデンテラス出発

六甲ガーデンテラス出発、それぞれの出発地点に順番に戻ります。

ちょうど子供たちお昼寝の時間。

いい感じにスケージュールが組まれていて、お昼寝時間の心配はいらなかったです。

お昼寝できるように行きで流れていた音楽やアナウンスがない配慮も。

ちょっとしたことですぐ起きちゃう子もいるから嬉しいですね。

15:10 西宮名塩SAで休憩

あそびばす雪遊びツアー西宮名塩SAで休憩出発から約30分でリフレッシュ休憩15分程。

半分以上の子供たちが寝ていたのでアナウンスなし、出発時刻のみホワイトボードに書かれていました。

16:10 出発地点に到着してバスツアー終了

出発地点に到着してバスツアー終了。

次男は到着寸前に寝てしまってぐずぐずでしたが、長男はちょうどお昼寝出来て良い感じでした。

おこめ
おこめ
あそびばすのバスツアーが想像以上に良くて大満足!

あそびばすのバスツアーでかかった料金

今回ファミリー専用バスツアーあそびばすでかかった料金はこちら。

大人2人、3歳1人、1歳1人です。

かかった料金

電車代1000円
あそびばすツアー代20620円
スノーウェアレンタル代5600円
ロッカー代400円
お昼ご飯2670円
お土産など1010円
合計31,300円

私個人の感覚では、正直3万円は安くありません。

ただ子連れ専用ではない普通のバスツアーでも、安くて1人9800円など同じぐらい、またはそれ以上の料金がかかります。

もしレンタカーを借りても、レンタカー代、ガソリン代、高速代、入園料、ランチ代等合わせると…。

それにどこに行こう?何をしよう?と考えて、調べて予約する手間もありますよね。

実はそれが1番時間かかったり。

 

ツアーによってランチ代込みなど料金も違います。

これだけ至れり尽くせりのツアーなら適正料金、もしくは少しお得なのではと最終的には思いました。

おこめ
おこめ
年に何回も!とはいかないけど、普段できない雪遊びや収穫体験、ソーセージ作りが出来るのは魅力的!!

あそびばすのバスツアーのおすすめポイント

おこめ
おこめ
あそびばすのおすすめポイントはココ!
  1. 子供に合わせたプランだからゆっくりできる
  2. 色々用意してもらえるから荷物が少ない(今回は雪遊びだから多かったけど)
  3. 普段できない体験ができる
スポンサーリンク

まとめ

ファミリー専用バスツアーあそびばすに参加した口コミを紹介しました。

普通のバスツアーみたいに時間に追われるイメージでしたが、ゆったりとした滞在時間やお昼寝時間に合わせた移動で子連れでも楽しめるスケジュールでした。

ただでさえオムツにおしりふき、飲み物、着替えなど子供と一緒だと多くなる荷物。

お茶やお菓子などを用意してもらえたのも嬉しかったです。

普段できない体験ができる「あそびばす」に参加して、子供と色んな思い出を作りましょう。

おこめ
おこめ
あそびばすのバスツアーは、また参加したいぐらい楽しかった!

あそびばすの概要を見るプラン一覧を見る

ABOUT ME
おこめ
おこめ
「あそびめも」管理人のおこめと申します。大阪在住アラサー主婦、夫と子供2人の4人家族。「あそびめも」では、大阪を中心とする遊び場や食べ物×おでかけ×自宅での遊びについて書いています。